データ分析事例: イベントアンケート分析

投票により戸田市のイチ押しパンを決める「戸田市パン選手権2013」が戸田商工会主催で開催されました。GoodChanceはその投票券の集計を行いました。

パン選手権結果レポート4/4 パン選手権結果レポート3/4
パン選手権結果レポート2/4 パン選手権結果レポート1/4

投票集計の結果、第一位に輝いたのは「パン ド ノ レーブ」様でした。
昨年に続く1位獲得で、その人気は本物です。

それに伴い、投票券に記されたアンケート調査・分析を実施しました。
昨年に引き続き、2回目となった本イベントのアンケート調査でしたが、約5000枚の投票券の回答集計作業や集計データの分析を実施すると、そのデータから様々なおもしろい傾向が垣間見えます。また、より魅力的なイベントにするにはどういった点を改善すべきか、なども集計データから読み取ることができます。集計結果とは別に、次回開催に向けた改善点をフィードバックさせていただきました。

残念だったのは、本イベントの参加店にそれぞれのお店に寄せられた一つ一つの声をお届けできなかったことでしょうか。

「データ」としてアンケート回答を捉えると、実に様々な実態が浮かび上がります。アンケートによるデータ収集だけでなく、企業内においても普段見過ごされている記録や書類などをデータ化することで、現場の環境改善や効率改善に役立てたり経営判断の材料となる、企業独自の貴重なデータが眠っているはずです。

企業に眠るデータを掘り起こし、分析・活用してみませんか?
お問い合わせは GoodChanceまで。